〝疲れない・壊れない・衰えない〟カラダをつくる!

「股関節」から体を変える!
完全個室のパーソナルトレーニングスタジオ。
二子玉川駅徒歩3分。

“疲れない・壊れない・衰えない”カラダづくり
「股関節スローストレッチ」講座
新宿・池袋・二子玉川・自由ヶ丘・横浜・国立・大阪中之島・神戸三ノ宮で開講中!


2017年9月22日金曜日

反応時間

「トレーニングで反応が早くなることってあるのかしら?」

先日、Mさん(50代・女性)とのセッションで背中をほぐしているときに聞かれた。
なんでも、これまではキッチンでサランラップとか何かモノを落とした時に取れなかったのが、
最近はパッと手が出て取れるようになっているのだそう。
それを同じくトレーニングをしている旦那様のTさんに言ったら「僕もそう感じている。」と。

トレーニングで反応時間が早くなることはあり得るのか???

私は「充分にあり得る!」と考えます。
そのために必要なのは、トレーニングではたくさんの種類(多方向・多関節)の動きで刺激を与えること。
それと、これは筋肉デザイナー論(自論( ´艸`))ですが、“首のつまりと背中のハリを取る”こと、さらに“大腰筋を鍛える”ことがポイントであると。

体を動かす運動神経は、脳から『動けぇ~!』という指令が脊髄(背中のほうにある)を通って、
そこから筋肉に伝わります。
でも、脳から脊髄(頭から背中)の通り道の流れがを悪い(水が出るホースが捩じれていたり折れているイメージ)とうまく伝わらない。
猫背の場合は特に“後頭部の下あたりがつまっている”のと“背中全体がはっている”。
ここの通りをよくすると『気持ちいい』『シャキッとする』『目がパッチリ開く』以外に、『体が思い通りに動く』ようになります。

それと“大腰筋”と言うのは股関節の奥にある筋肉の名前。
ここは目に見えて効果が実感しにくいのでなかなかわかりにくいのですが、
“カラダのど真ん中”の筋肉でもあると考えています。
理想の体の動きは“中心から末端へ”。
そのコントロールをするのがこの筋肉。
歩く。立つ。座る。にも重要な役割を果たす筋肉です。
ここ(深部の筋肉)を活かすには外(表面)が柔らかいこと。
外=尻がかたいと大腰筋はうまく働きません。
そのためには尻をほぐす・伸ばす・動かすことが重要になります。

とさんざん自論を述べましたが、
Mさんもご主人のTさんも、
「もしかしたら落とす回数が増えたから、それに慣れただけかもしれないけどね。」と。

それも、そうかもね( ;∀;)
ダリヤ
豆柿(ただ今干し柿になるか実験中( ´艸`))


2017年9月12日火曜日

あと少し

年内(11月予定)に発売される本の原稿修正が最終段階に入ってきました。

6月に打ち合わせから始まり、取材→構成→修正→修正……その他相談等々。
8月の軽井沢では"避暑地で執筆活動"(実際にはほぼ毎日雨で肌寒く、朝から晩までばたばた運動指導で汗をかき、早朝や深夜や空いた時間を使って原稿チェック^^;)も経験し、ちょっとした作家気分に浸ることも出来ました。

ここまでくると、あとは本が出るのが楽しみです!
またブログでお知らせしますね。

2017年9月6日水曜日

舌のポジション

「舌の正しい位置」はどこか考えたことありますか?

今これを読みながら口がポカァ~ンとあいている人はきっと間違えています(^。^;)

舌は前歯の少しうしろ(ここを"スポット"というそうです)にあてるのが正解!
その時に前歯は軽く合わさり、奥歯はグッと嚙み締めないようにする。
(★★★"舌" "スポット"で検索すると詳しいことが出てくるので、
さらに詳しく知りたい方は調べてみてくださいね★★★)
と、エラそうに書いておきながら僕も最近知ったのですが。

これまでレッスンでは「腰痛にならないためにも屈む動作で
"腰は丸めず股関節を曲げる"(お尻をつきだしたような姿勢)を身につける。」
言い続けていました。
が、それに加えて、重たい荷物などを持ち上げる時は
"舌を上あごにあてる"ことでより痛めにくくなると説明したら、
レッスンを受けてくださっている歯科衛生士のKさんが
さらに詳しく教えてくださったのです。

確かに上顎に舌をつけるとは言ってもスペースは広いですもんね。
恥ずかしながら、そこまでは考えたこともなかったです。

Kさんの説明を聞きながら、すごくヒントになったことがもう一つ

舌のポジションが嚥下障害にも関係するそうです。
その証拠に、唾を飲み込むとき舌は位置は上にある。
でも舌が下がっていると飲み込めない。
飲み込み力が弱い場合は、普段から“舌のポジション”意識する
だけでも効果がありそうですね。

また、口呼吸になっている場合も同じ。
口が開いたままのお子さんに「口を閉じなさい」と言っても
効果は薄そうだけど、舌のことをアドバイスしてあげるのも良さそうです。

「舌のポジション」、こんな大事なことを今になって知りました。
Kさん、ありがとうございます。
リンドウとワレモコウ

2017年8月25日金曜日

「50からは維持したもん勝ち!」

毎日あちぃなぁ(;´д`)トホホ

そんなグダグダで何もしたくないときに"(ソフトに)カツ"を入れる名言をご紹介。


今のスッキリした体からは想像もつかないけど、学生時代は太っていてずっとそれがコンプレックスだったKさん(50代・女性)。

先日、同窓会に行ったときのことを話してくれた。

「学生時代にキレイだったモテてたマドンナたちが太っておばさんになってたの。そしたら、太らないように維持している私でも結構イケてるように見えるのよ!50才を越えたら維持したもん勝ちね!」

ビジネスでもスポーツでも競争の世の中、もっと!もっと!になりがちだけど、
体に関しては何もしないと落ちる一方なので《現状維持=アガル⤴》ということが証明された瞬間でした( ´艸`)

2017年8月15日火曜日

手拭いコレクション59 -上半期-

ようこそ『陽平の小部屋』へ

手拭いコレクション59 -上半期-

絵柄を見ると下から
“獅子舞”(1月)“豆まき”(2月)
“ひな祭り”(3月)“鯉のぼり”(5月)
が描かれています。
“桜”(4月)もあるような。
6月もあるのかな?
見つけた方、教えてください。

この作品、絶対に「上半期」なんてタイトルではないはずですが、
これしか思い浮かばなかったので(;'∀')
しかも今は8月ですが。


2017年の手拭いコレクションは、
今日で最後になりました。
それでは毎年恒例の一句を!?

“引き出しの スペース無くなる 手拭いで”

皆様、お付き合いありがとうございました!



2017年8月14日月曜日

手拭いコレクション58 -入谷の朝顔-

ようこそ『陽平の小部屋』へ

手拭いコレクション58 -入谷の朝顔市-

東京の下町・入谷で7月の3日間だけ行われる朝顔市の"あさがお"ではなく"手拭い"。
お土産に頂きました。

鮮やかな色に癒されます。

関係ないけど"遊び放題"という文字にも癒されました(#^_^#)

2017年8月13日日曜日

手拭いコレクション57 -日本二十六聖人記念館-

今朝も朝から雨です😢
今はウォーミングアップを終えて、次のトレーニングに向けて準備中。

いつもは外でウォーミングアップを行っているのですが、
今朝は急遽屋根のある場所で。

場所も、環境も、人数も、時間も、内容も、
臨機応変の対応が求められます。

バタバタ、ギャーギャー大変ですが、
それもまた楽しんでいます✌('ω'✌ )三

ようこそ『陽平の小部屋』へ

手拭いコレクション57 -日本二十六聖人記念館-

見守る神、見上げる信者

スタジオに来られるキリスト教信者のHさん(女性70代)が以前言っていた。
「お祈りはしているけれど、何かあったときに
神様は何も助けてくれないかもしれないと思ってる。
でも、神様がどこかで見ているような気がするの。
そうすると正しいことをしようと思うの。」

困っている人を見ると手を差し伸べるHさんの
お話を聞いているとまだまだ学ぶことが多いです。