2014年6月11日

回る靴下、脱げる靴下。

歩いていると、
靴下の後ろ半分が回転してしまう。
靴の中でかかと部分が脱げてしまう。

そんなことってありありませんか。

「靴下の素材のせい?」
「それとも靴との相性が悪いから?」

いいえ、歩き方の問題です。


先日スタジオに来られたKさんは、「かかと側が回転してしまう。」
(かかと部分が半回転して上を向いている)。五本指ソックスにもかかわらずだ^^;
別の日に来られたCさんは、靴を脱ぎながら
「いつも右足のかかとが脱げてしまうの。」と教えてくれた。
さらに別の日に来られたMさんも、「右足の靴下だけが半分脱げてるの。」と。
信じてもらえなかったら困るからという理由で靴を脱いだ瞬間を見せてくれた。
 
 
靴下が回るのは足裏の重心移動が問題です。
かかとから着地して親指の付け根で踏み切る際にねじれると回転します。
足の人差し指の向きに踏み切りましょう。

靴下が脱げるのは着地のタイミングが悪い証拠。
脱げる方の足を着地する瞬間に前屈みになっているのを治しましょう。
意識としては背中を起こす。または股関節の前面を伸ばす感覚で。

靴下に優しい歩き方を目指しましょう!?

0 件のコメント:

コメントを投稿

ラジオ出演『おしりスクワットの世界』

昨年12月に右足関節を靭帯損傷してから2か月が経ちました。 足は全力では走れないけど(走る必要ありませんが)ほぼ完治しました。 ただ、右脚に体重をかけられなかったので 右尻がちっちゃくなってしまってて、 左右均等にするにはもう少しかかりそお尻です。 さて、本日は...