2018年10月29日

満員電車の過ごし方

おはようございます。

毎朝ではないけれど満員電車に乗ったとき、私は「五分間の腹式呼吸」を習慣にしています。

はじめの一分は、五秒で吸って、五秒で吐く。
五秒で呼吸は少し短く感じるけれど、ここはウォームアップ。

二分目は、五秒で吸って、十秒で吐く。
吸うより、吐く方を長くします。

三分目は、十秒で吸って、十秒で吐く。
よりゆっくりした呼吸に移行するための準備。

四分目は、十秒で吸って、二十秒で吐く。
吐くときに二十秒もつように、細く長く吐く練習。

最後の五分目も、十秒で吸って、二十秒で吐く。
これが本番。ゆったりした呼吸の確認のための一分。

こんな感じで合計五分。
あとは本を読んだり、メールの返信したり、ネットサーフィンしていたり、ボォーっとしたりしています。

この五分の呼吸法をすると、なんとなく気分が落ち着く、イライラしない、そんなことを実感しだしてからは、いつの間にか習慣になっていました。

ちなみに吐くときは、鼻からです。
満員電車で口からプハッーは迷惑ですもんね。

★激混みの満員電車(東急田園調布線)を降りてホッとしながらアップ★

0 件のコメント:

コメントを投稿

講演会『健康寿命を延ばす運動習慣』

11月1日木曜 JJK年金受給者友の会様のご依頼で、 講演会をさせていただきました。 テーマは『健康寿命を延ばす運動習慣』 筋肉・口の機能・栄養、3つのテーマに分けてお話ししました。 受講されたのは65歳以上の方々、約80人。 健康寿命をテーマにした講演...