2020年9月11日

努力しているのに、なかなか柔らかくならないのはなぜ

 『体を柔らかくしたい』と、毎日ストレッチしているのに効果が出ない( ;∀;)

そんな場合は、普段の座り方と歩き方を見直すことをおすすめします。


体が硬くなる原因は、主に2つ。使いすぎと、使わなさ過ぎです。

よく問題になるのは、運動不足(=使わなさ過ぎ)ですが、

意外と自分で意識はしていないけれど、筋肉を使いすぎている場合があります。


例えば、椅子に座った際に腰が丸くなっていると、

腰の筋肉を使いすぎて硬くなります。

歩く際に、歩幅が広すぎると筋肉を使いすぎて、

太ももの前と裏側が硬くなります。


毎日ストレッチしているのに、

普段の体の動かし方が間違えていると、

せっかく努力しているのに、効果が出ないなんてことになります。

“2歩進んで、3歩下がる”ように。


ストレッチ=体を柔らかくする、も大事だとは思いますが、

日常生活で体を意識する=体は硬くならない、ということも忘れてはならないと思います。


そのために今すぐできるとこは、

椅子の高さは、身長÷4にする。

歩きは、腰の肉をつまんだまま歩く(20歩くらい)。

硬くなる原因を取り除くのに役立ちますよ!





0 件のコメント:

コメントを投稿

"顔凝り"・"顔痛"予防に!?

マスクをしたまま運動する、ことにもすっかり慣れていることに驚きます。 でも、マスクをしていると隠れている顔の下半分は、あまり動いていませんよね。 「運動不足は肩凝り・腰痛を引き起こす」みたいに、もしかしたら"顔凝り"や"顔痛"なんて言葉がで...