2017年5月27日

《続》ピアノは背中で弾く?!

ピアノは背中で弾く?!

あの演奏を聴いてから、安いスピーカーから流れてくる音楽が聴けなくなってしまった。
聴く気がなくなってしまったと言った方が正しいのだろう。

さて、先日ピアニストのHさんとトレーニングが終わり、
お茶を飲みながら話していたら、目の前を猫がゆったりと歩いていった。

僕がボソリと
「なんともいい(しなやかな)脚の動きですね。」
とつぶやいたら、Hさんが突然、
「わたし、チーターが好きなの。チーターが歩いている動きを研究していたら、背中の方から指先へ力が伝わるように動くの。それを(ピアノを弾くときに)マネしてみたらいいんじゃないかと思って。」と。

『そうだったのか!?』
そんなところからヒントを得て、イメージを体の動きにつなげていたことに驚いたのでした。





0 件のコメント:

コメントを投稿

春は靴に気をつけて!

足って複雑で、芸術的で、 繊細。 昨年末に自分が足首の靭帯を損傷をしたせいか、 やたらと足(foot)のことが気になっている今日この頃?です。 脚下照顧(きゃっかしょうこ)=足元を見つめなおせってことかな。 先日、フィギュアのトレーニング指導に行ったとき...