2018年1月20日

「たかが運動。」

2018年になり(20日も経って)初のブログです。
このブログを読んでくださっている皆さん、いつもありがとうございます。
更新は気まぐれで、半分嘘も混じっているかも知れませんが、芥川賞にも直木賞にも負けない文章力で綴っていこうと思います。
そして、ノーベル賞にも評価されるような大発見もここで発表していければと思います。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。


さて、お知らせですが昨年12月に朝日新聞Reライフプロジェクトに「膝痛予防とセルフケア」講座の様子が公開されましたが、そのURLが変更になりました。(ブログ上ではすでに変更しています。)

お陰様で「よく読まれているようなのでURLの変更を・・・」と記事を書いてくださった担当者様より連絡を頂きました。
よく読まれているなんて、うれしいこってす。

内容は、“コリをほぐして、ハリを取って、ダンリョクをつける”「コハダトレーニング」。
コ・ハ・ダですよ。シ・メ・サ・バではありません。

こんなことを言ってしまうと、なぁんだと思われるかも知れませんが、
紹介しているのは割と普通のことです。
テレビでもたまにやっているし、ひざ痛の本にも載っている、会話の中にも「これをするといいのよ~!」と話しているような内容だと思っています。

でも、筋肉活動をしていると、世の中のほとんどの人はその普通が意外とできていないと感じてしまいます。
(頭ではわかっているけど、体がわかっていない。)

普通のことを知っていて、それが正しく出来て、状態に合わせてうまく活用できれば、体のことで悩む人は随分と減るだろうし、予防もできるはず。

「たかが運動。」
普通のことができるよういなれば、きっとそう思えるはず。
運動することはすごいことではなく、「たかが運動」そう思えるようになった方が良いとも思う。

とはいっても、「されど運動。」
日常生活はスポーツと同じ。
カラダとは一生付き合う。
そのためにやるべきことの基本はスポーツ選手も一般人も同じ。

今年もたくさんの新しい情報が出てくると思いますが、
私自身は、特別ではないけれど、本当に大切なことをしっかりと伝えていく。
そんな活動を行っていきたいと思っております。
どうぞよろしくお付き合いください!

0 件のコメント:

コメントを投稿

指のガサガサ、かかとのガサガサ

普段は食べる専門なのですが、 たくさん栗をいただいたので たまには自分でやってみるかと思い、 ゆで栗と、栗ご飯用に剥いてみました。 ゆで栗は、簡単。 (濁って見えるけど湯気で曇ってしまった写真) 問題は剥き栗。 これまで数えきれな...