2019年8月19日

ジュリアン・オピー展

八月初めから出張指導でバタバタしていたのですが、
その前に、ちょっとだけ気分転換に出かけた
東京オペラシティアートギャラリー
ジュリアン・オピー展の様子です。

彼の作品の特徴は、点と線という最小限の視覚言語によって、
人物像や風景を表現するというもの。

初めて作品を見たのはもう何年前かは忘れたけれど、
その時よりも、線と点での表現はシンプルになっているのに、
色が加わったり、LEDを使って動きが入ることによって
より表現が豊かになっているように感じました。

ひとつのことを続けているからこそ、
生み出せた表現なのかなと尊敬しました。

開催は9月23日まで。
美術館は涼しいよ!( ´艸`)




0 件のコメント:

コメントを投稿

【9・10月】ご予約可能スケジュール 

ご予約可能な日時です。 下記以外の時間でも 可能な限り 調整いたしますので ご相談ください。 よろしくお願いいたします。 (9月20...