2021年2月22日

日本語って難しい

今朝、歯医者で治療中に、
「シタのカタをとりますね」←ニュルッとするやつ
と言われたので、"舌"を出したら、
「いや、下の歯です」と笑われた。

普通に考えたら、下の歯の型なのに、その時は
『歯の型だけじゃなく、舌の型もとるなんて斬新な治療法!』
と勝手に思い込んで舌を出してしまったのです。

あぁ恥ずかしや。


そのあと、歯科医の先生が歯科ならではの言葉を2つ教えてくださった。

①舌は、下(シタ)と言わずに舌(ゼツ)と言う。

②抜糸は、抜歯(バッシ)とは言わず抜糸(バツイト)と言うそうです。

業界ならではの言葉ってあるんですね。


ちなみにトレーナーは、"エアロビ"とは言いません。

エアロビは、エアロビクス・ダンス・エクササイズ。

でも、長くて面倒なので、有酸素運動全般のことをAerobic Execsiceで「エアロ」または「有酸素」と言います。

有酸素の反対、無酸素運動はAnaerobic Exerciseで「アネロ」なんだけど、こちらは伝わりにくいので「筋トレ」「ウエイト(トレーニング)」と表現することが多いかな。


今日は暖かくて絶好のエアロ日和!?

0 件のコメント:

コメントを投稿

Withコロナの運動習慣!

監修させていただいた企業・官公庁向けのリーフレット 「デスクワークに最適な筋肉トレーニング」(株式会社社会保険出版社) が出来上がりました。 在宅ワークの運動不足解消に、1分あれば出来る筋トレ特集です! まずはどれかひとつ、お試しください。 リーフレット製作の際に、イラストよりも...