2012年4月2日

ウエストを引き締める


10年先も元気なカラダ 股関節スローストレッチ(新星出版社)
いよいよ発売!
本屋さんには4日頃に並ぶ予定です。
是非ご覧下さい!


話しは変わって、ここ1・2週間スタジオに来られる方からよく言われる言葉がある。
「ウエストをスッキリさせたいんだけどぉ・・・・」
あまりにも同じことを言われるので、
もしかしたら来る方が陰で打ち合わせをしているのでは?!
と考えてはみたけど、そんなはずはない。

先週まで「腰が痛いのをどうにか・・・」と言っていた方が、腰の痛みを忘れて
「(わき腹をつまみながら)ここのお肉をどうにかしたいの」と言っている。

花粉症で「頭がボォ〜っとしています」と言いながらも
「乗るんですよねぇ、このあたりの肉が」とズボンの上の肉を見せてくる。

あまりに同じ事を言われ逆に私の頭がボォ〜っとしてくる。
もしも、肉屋さんなら
「あいよぉっ。じゃそこのバラ肉200g切り落としとくね!」
とでもいうのだろうかと、おバカなことを考える。

ウエストのお肉
ウエストのお肉
ウエストのお肉
3回唱えたら10gのお肉が消える、
そんな呪文はあるわけがない。


暖かくなる→ウキウキする→薄着になる→『おっと、ウエストが気になる!』

きっと、ほとんどの方がこう考えているに違いない。
ではどうする?(調子に乗って小説家フジモト、つまらん内容を
ただ長く書きましたが、ここからが本題)

まず思いつくのは、お腹を引き締める=腹筋。
ですが、あまり腹筋をしていない人が行っても、
ほとんど効き目はなく、「首だけが疲れる」なんて事になりがち。
腹筋も筋肉なので、大きくなる(肥大する)とウエストがしっかりする=細く見えない
なんて事にも(ここまでなるにはよっぽどやってないとそうはならないけどね)

筋肉はデザインするもの。

筋肉デザイナー的には、縮める(腹筋運動)よりもまずは伸ばす(ストレッチ)
これを行った方が即効性があり、見た目スッキリする。

で、ウエストを伸ばすのに効果的なストレッチは
スケルトンダンス

やり方
脚を腰幅に開き、右手を上げて、左手で右手首を持つ。
次に、右足に体重をかけながら、左斜め上に伸ばす。5秒
反対も同じように。交互に5秒×4回が理想。
横に倒れるのではなく、斜め上に伸ばすという意識で行います。

すると、わき腹から腕にかけて気持ちよくストレッチできます。
上手く出来るようになると、朝洋服を着る前に行ってスッキリが2〜3時間は持続しますよ。
おまけに、肩凝りの方にも“超”効果的です。
※出版社の担当して下さった方は、このストレッチが『肩凝りに効く』とお気に入り。

ぜひ、お試し下さい!

もっと詳しく知りたい!という方は、
「股関節スローストレッチ」(新星出版社)54・55ページをご覧下さい!!!



『あら、いやだ。
なんだか本の宣伝みたいになっちゃったわね。
決してそんなつもりじゃなかったんだけど!?』



0 件のコメント:

コメントを投稿

夏こそ足首ウォーマー

ここ数日手放せないアイテムがあります。 「足首ウォーマー」 寝るときに暑いからクーラーをつけっぱなしで、 かといって冷え過ぎも良くないかと思いタオルケットをかけていたけど いつの間にかどこかにいってしまい、 目が覚めたら足だけ冷えている。  冷え...