2020年10月13日

「歩くとすぐに疲れる」人の原因は?

先週は雨の日が多かったので、昨日は久々に(傘をささずに)気持ちよく歩くことができました。

でも、歩くことが心地よく感じられずにお悩みの方も( ;∀;)。

「歩いていると背中(腰の上あたり)が疲れてくる」
「呼吸が苦しくなってくる」
スタジオに来られるお客様からたまに受ける相談です。

そのような場合は、体をチェックしてみると、
ほぼ腰のカーブがなくなっています
(さらに女性の場合は側弯症の傾向も多いように感じます。)

腰は本来わずかに反っているのですが、
運動不足や、仕事中の姿勢、背骨を痛めた等で丸くなりがちです。

腰を反る=悪いことと考えられがちですが、そうではありません。
反る(前湾している)ことで、効率よく歩ける、背骨への負担が減るのです。

「歩くとすぐに疲れる」
そんな場合に、必要なのは筋トレではなく、
腰のカーブをとりもどすこと。

簡単にできる方法は、
腰の下にバスタオルを丸めて寝るだけ!(目安は30秒~5分以内)
是非お試しください!

0 件のコメント:

コメントを投稿

感慨深い開脚

感慨深い・・・しみじみと深く感じるものがある 昨日、開脚で肘が床につくようになったお客様(女性)が 「感慨深いです」とポツリと呟かれた。 私は一瞬その言葉の意味に???となったが、 確かにストレッチは感慨深い。 女性は9月初め頃に「開脚で肘を床につけるようになりたい」と初来店され...