2020年10月28日

感慨深い開脚

感慨深い・・・しみじみと深く感じるものがある

昨日、開脚で肘が床につくようになったお客様(女性)が
「感慨深いです」とポツリと呟かれた。

私は一瞬その言葉の意味に???となったが、
確かにストレッチは感慨深い。

女性は9月初め頃に「開脚で肘を床につけるようになりたい」と初来店された。
その頃は、足を前に伸ばして座ると後ろに倒れそうになるような状態だったが、
約2か月間で、開脚で肘が床につくようになった。
早く効果が出たと思う。

そこにたどり着くまでには、「やってみよう」という“好奇心”、
そして「私は体が硬いから無理」という“思い込み”をなくし、
モチベーションを保ち継続する“実践力”、
全てがうまくいったからこそしみじみと深く感じることができたはず。

「大人になってから“出来るようになることが増える”って嬉しいですよね」
これもお客様の言葉。

筋肉の名前ばかり覚えるのをやめて、
美しい言葉を勉強してみようと思った秋のひとときでした。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由を手に入れる開脚!?

体はそこそこ柔らかいけれど、 頭皮は卵の殻並みに硬い私は、 月に一度の散髪に行ってシャンプーをしてもらうたびに 「頭皮ってやっぱり柔らかい方がいい(ハゲない)んですか?」 と聞いてしまいます。 それとは違うのですが、 「開脚ってやっぱり柔らかい方が(体に)いいんですか?」 と、月...