2015年10月15日

ハロウィン前に必ず知っておきたい!《正しい“カボチャ”の持ち上げ方》

「Trick or treat!」
まもなくハロウィンですね!
今日はどこのご家庭でも飾られている(かもしれない)
ずっしり重たい“巨大カボチャの正しい持ち上げ方”をご説明します。
腰痛・ぎっくり腰予防にも役立ちます。
 
①まずは、カボチャの近くに立ちます。
(この時、立つ位置がカボチャから遠いと腰への負担が大きくなります。)
 
②そして、お尻をうしろに突き出すようにしながら屈み、
両腕を伸ばしたままカボチャを持ちます。
「この体勢がとても重要です!」
チェックポイントは
1、お尻から頭までが一直線になっている
2、お尻が肩よりも低い位置にある
3、ひざがつま先よりも前に出ていない
 
このときNGなのは、
腰が丸まってしまいお尻が肩よりも高い位置に来てしまうこと。
腰を痛める原因にもなります。
 
また、せっかく持ち上げる寸前まで背中をまっすぐに保てていても、
持ち上げだすと力が抜けて背中が丸まってしまう。
これもNG。
 
あとは、せっかくお尻を突き出した姿勢を維持しているにもかかわらず、
腕(肘)を曲げてしまっては、お尻や背筋などの大きな筋肉(=力がある)を使い切れずに、
腕の小さな筋肉(=力がない)に頼ることになり、力が発揮できず、疲れやすい。
 
③お尻から頭までが一直線になっているのを保ったまま真上に引き上げて、、、
 
④フィニッシュ!!!
 
いかがですか。
カボチャはまったく無駄なく一直線上を動き、
お尻・ハムストリングス・背筋の筋肉がしっかりと働くことで、
重たいものでも楽に持ち上がる。
おまけに腰や膝にも負担が少ない。
 
この体勢で特に必要なのが“股関節の柔軟性”です。
 
股関節の柔軟性と聞くと、開脚や脚を高くあげられることをイメージしがちですが、
それも大事だけれど、日常で頻繁に行うお尻を下げたこの姿勢がしっかりとできる
そんな柔軟性のほうが大事だと私は考えています。
 
正しいカボチャの持ち上げ方を身につけ、
楽しいひと時をお過ごしください!
写真撮影にお付き合いくださり、
弊社主催の『カボチャ重量当てクイズ』でも最も正解(6.45キロ)に近かったFさん。
2匹飼っている猫のうち、大きいほうのネコちゃん(6キロ)を抱っこした感覚に近かったそう。お見事!
ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

夏こそ足首ウォーマー

ここ数日手放せないアイテムがあります。 「足首ウォーマー」 寝るときに暑いからクーラーをつけっぱなしで、 かといって冷え過ぎも良くないかと思いタオルケットをかけていたけど いつの間にかどこかにいってしまい、 目が覚めたら足だけ冷えている。  冷え...