2020年8月9日

ストレッチ中の頭の中

レッスン中、開脚のサポート(参考:下の写真のような)をすることがある。

その時、私の頭の中は、相手の表情や、手から伝わってくる筋肉の伸び・ハリ・緊張具合などを感じながら、自分では伸ばしきれないあと数センチを、いかにきっちり心地よく伸ばすかを考えている。

一昨日、バレエを30年近く続けてきたという女性は、

伸びているのを楽しんでいるかのような表情で、

「ロシアのバレエ少女のような気分です」と言った。

ロシアのバレエ少女???

彼女の中では、バレエ少女が、トレーナーにサポートされながら

ストレッチしているイメージが浮かんでいたよう。


昨日、ややぽっちゃりの男性は、顔から汗を拭き出しながら

「相撲の新弟子のような気分です」と言った。

前に倒すと腹がつかえることもあり、

まるで兄弟子から押されている新弟子のような気分だったそう。


ストレッチ中に、そんな(イメージの)世界が広がっていたとは、考えもしなかった。

なんか楽しそう。

今まで筋肉のことだけしか考えていなかった自分が、少し損したような気分。


あなたの頭の中ではどんなシーンが広がっていますか?!

0 件のコメント:

コメントを投稿

なくなるお尻

拙著 「おしりスクワット」 発売になったのは2018年。 そのときは、お年頃女子⁉に向けて 書いたのですが、今は30代の女子も 「座っている時間が長いから、 どんどんお尻がなくなってしまって…」 と悩む方も多いようです。 座るたび 削れているのか 尻の筋 Sへの憧れ 今はなくなる...