2021年5月26日

メディシンボールの名前の由来は?!

先日のブログで、筋トレの名前には

変わったものが多いと書きましたが、

トレーニングの道具にも「なぜこんな名前?」

と不思議に感じるものがあります。


そのひとつが「メディシンボール」

体を鍛えるために、このボール(5kg)を持ちあげたり、

投げたり、叩きつけたりします。

MEDICINE=薬?

飲むと筋肉がつく??


筋肉業界にいる私は、違和感を感じることなく

「メディシンボール」と呼んでいましたが、

名前の由来をお客様が教えてくれました。


この名前が付けられたのは1889年のこと。

当時medicineは、今でいうhealth(健康)と

同じような意味があったそう。

そこで、それを使うと健康になるということで、

ロバーツ先生という方が名付けて

ある雑誌に載せたのがはじまりなんですって。

(モノ自体は、もっと昔から使われていたそう。)


なるほど。言われてみれば納得!

健康になるためのボールなのね。


ちなみに私はこんな使い方をしています。

メディシンボールの上でしゃがむ。

見た感じは、少しシュールですが(笑)

目的は、いつの日かサーカスに出るため!(冗談です) 

側弯の始まり

スタジオに置いている背骨の骨格模型(2代目)。 はじめは真っ直ぐ伸びたきれいな状態だったのが、 扱い方が雑なせいなのか、いつの間にか 胸のあたりが横に曲がってきてしまいました。 まるで“側弯症(背骨をうしろから見た時に横にねじれている状態)”のようです。 初代の時もそうだったので...