2022年11月22日

理想の大股歩き

「いつも歩いている道の歩数が、

1800歩から1700歩に減った。」


先日レッスンにお越しになった70代・男性が

股関節ストレッチを始めてから歩きが変わったと喜んでおられました。


歩数が減る=ストライドが伸びた証拠。

これぞ理想の大股歩き!


無理に大股にするのは良くありませんが、

うしろ側の脚がしっかり伸び、

その結果として、自然と歩幅が拡がるのが理想です。


歩幅が拡がるのは股関節の動く範囲が拡がるから!

股関節、中でも腸腰筋がポイントです。



話は脱線しますが、なんでも数字で見ると

はっきりとわかり、おまけに説得力がありますね。

こういうのを“理系脳”というのかな?!


私は感覚に頼ってしまうことが多く、

(それもときには大事だとは思うのですが)

ボォ~と生きていてはだめですね(笑)


※たまに「文系、理系、あなたは何系?」と聞かれることがありますが、

そんな時は何と答えていいのかわからないので、

とりあえず“筋肉系”と答えています。

2022年11月16日

「コンディショニング」という発想

先日、股関節の痛みでお悩みのお客様との会話の中で

「コンディショニング」という言葉を使ったところ、

随分と驚かれてしまいました。


「コンディショニング」とは、

使いすぎて動かなくなっている筋肉を動くようにし、

使わなさすぎて動かなくなっている筋肉を使えるようにすること、

つまり「整える」ことを言います。


体を柔らかくすることに夢中な人や、

筋肉を増やすことにゾッコンな人、

痛みを何とかしたい人、

いろんな目的のお客様が来られますが、

必ずベースにはコンディショニングという

発想を持って見させてもらっています。


体は、まずは鍛えるよりも機能させることが重要です!

そうすると自然と不調も減っていきます。

2022年11月9日

朝起きた時の手のこわばり解消の方法は?

昨夜の皆既月食(total luner eclipse)、

私が観察した時は、ほぼオレンジ色。

月食とわかって見ている分にはいいけど、

知らないで見ていた大昔の人はさぞかし不気味に感じただろな。


さて、本日は「よくある相談」

朝起きた時に「手や指が動きにくい」「こわばる」のはなぜかしら?

について。


原因は寒さのせい?気圧?リウマチ?


いろいろ原因はあるとは思いますが、そのうちの一つで

ねこ背・前屈みの姿勢が原因で、

首から腕にかけての神経線維が圧迫され続けている、

または引っ張られ続けていることも考えらます。


これまで私がこの相談を受けたのは、

・ほぼ女性

・趣味でピアノなどの楽器を始めた

・読書時間が長い 等

筋肉が少なく、胸が縮んだ時間が長い傾向にあります。


姿勢やライフスタイルを見直すだけで改善されたこともありますが、

おすすめのセルフケアとしては、


鎖骨の上あたりを指2・3本で押しながら、

顔を左右に動かす。

(指を抑える位置を少しづつずらしながら、顔の左右を10往復程)

が効果的です。

きっと手がこわばる側の筋肉が硬いはず。


朝起きた時に違和感を感じるのはきっと原因は前日にある

と考えて、なるべくその日の疲れはその日のうちにほぐす

こともお忘れなく。

2022年10月27日

ハロウィーン?!

スタジオが入っている建物内に蜘蛛の巣が・・・

清掃が行き届いていないわけではないんです。

ハロウィーン仕様です!?

いつもならすぐに取ってしまいますが、

今だけは誰も掃除しないで欲しい気分です。


そういえば、ハロウィーンにちなんで7年前に書いたこんなブログがありました!

腰が痛くなる方が増えてくる季節です。

是非ご一読ください(笑)

ハロウィーン前に必ず知っておきたい!《正しいカボチャの持ち上げ方》

2022年10月22日

11月のオンライントレーニング

今日で10月のオンライントレーニングが終了。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。


毎回、すっきり爽快感、ちょっと筋肉の疲労感、

ああ言えばもっとわかりやすかったかな等の反省感、

そして画面越しですが一体感を感じるのですが、

月終わりの回は特に「今月もしっかり動いたな」

という充実感があります。

参加してくださった皆さんにも、

そう感じて頂けていれば嬉しいのですが。


さぁ、今年もあと二カ月。

いろいろ慌ただしくなってきそうですが、

まずはトレーニングで動ける体!

一緒に頑張りましょう。


≪11月のスケジュール≫

Aコース「股関節スローストレッチ」

日時:11/12.19.26(土) 10:00~10:40 【全3回】

Bコース「5分間チャレンジ×6セット」
日時:11/12.19.26(土) 11:00~11:40 【全3回】

水曜コース「からだメンテナンス」
日時:11/2.16(水) 10:00~10:40 【2回】


秋晴れ

ここ数日、天窓から見える空がなんともきれいです。

マッサージベッドで仰向けになったお客様の多くが

空を見ながら「このまま寝てたい」と仰います。

できればそうしてあげたいのですが…

どうか起きてください。運動してください(笑)

2022年10月1日

10月のオンライントレーニング

「前半に貯金、難所しのぐ」
先日の新聞に、ゴルフの日本女子オープン大会2連覇した
勝みなみさんの記事の見出しにこうありました。

『何度も優勝するようなプロでも、(何かとお金がかかるから一年のうち前半は)貯金を切り崩しながら・・・』
と考えていたら、どうも違うようで、
ゴルフではスコアが良いことを“貯金”というようです。

筋肉を鍛えることも“貯筋”と言われたりしますが、
本格的な寒さがくる前に“貯筋”しておくことが、
真冬の寒さ“難所”をしのぐためには重要です。

オンライントレーニングで「定期預“筋”」
今月もご一緒にコツコツと頑張りましょう!
※満期日はありません。

お申込みはホームページよりお願いいたします。

--------------------------------

Aコース「股関節スローストレッチ」
日時:10/8.15.22(土) 10:00~10:40 【全3回】

Bコース「5分間チャレンジ×6セット」
日時:10/8.15.22(土) 11:00~11:40 【全3回】

水曜コース「からだメンテナンス」
日時:10/5.19(水) 10:00~10:40 【2回】


2022年9月30日

2022年10月期「股関節スローストレッチ」講座

「股関節スローストレッチ」講座は
下記カルチャースクールにて行っております。

講座の様子(見事なスクワット⁉の写真)が、
使用されています。
よろしければ青い部分をクリックして下さい。

長くキャンセル待ちされている方には、
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
コロナによって受講できる定員が減ってしまい、
何とも心苦しい次第です。

新宿・池袋にはまだ余裕がありますので、
直接お問い合わせいただけますと幸いです。

今後も藤本(新宿・二子玉川)・芝間(池袋・国立)で
さらに必要とされる講座を目指して精進してまいります。
よろしくお願いいたします。

朝日カルチャーセンター新宿
(東京 新宿 新宿住友ビル11F)
第1・3金曜 10:00~11:30
℡:03-3344-1941

池袋コミュニティカレッジ
(東京 池袋 西武池袋本店別館8F)
第2・4木曜 14:00~15:30
℡:03-5949-5470

コミュニティクラブたまがわ
(東京 二子玉川 玉川高島屋S・C東館4F)
第2・4火曜 14:30~15:15
℡:03-3708-6125

NHK学園くにたちオープンスクール
(東京 国立 国立せきやビル6F)
第2・4金曜 10:00~11:30
℡:042-574-0570


2022年9月21日

電波で健康を送る!?

初めてオンライントレーニングを受講くださった方からのご感想


「家でグループレッスンを一人で受けている不思議な感じでした。

こんなに自宅で身体を動かしたのは初めての様な気がします。

楽しかったです。」


ご受講ありがとうございました。

これからも電波で健康をお届けします!

2022年9月20日

10年ぶりのお客様

二子玉川に股関節ストレッチスタジオをOpenしてから、
今年で11年目になるのですが、
先日“10年ぶりのお客様”がいらしてくださいました。

お客様は現在40代後半・女性。

10年前、30代で股関節に痛みがあり、
手術をするかどうかを迷われていた時に、
自分でできるケアの方法を身につけたい
という動機でしばらく通ってくださっていました。

その後、痛みとうまく付き合いながら過ごせていたのですが、
昨年末から急激に痛みが激しくなり、
今年になり手術をされました。

術後のリハビリも継続しつつ、
その後の筋トレが正しくできるか不安ということで、
ご相談くださり再びお目にかかることになりました。

病院でもらう術前・術後に行う筋トレメニューを
見せていただいたのですが、
行う内容は、どの病院でもだいたい同じようです。

始めはその内容に沿って行おうとしたのですが、
問題は出来ない動きが多いのです。

原因は筋力不足もありますが、
それよりも長年痛みをかばった動きをしてきたため、
関節の動きが損なわれてい(忘れている)のです。

動かないもの無理やり動かそうとしてもいい結果は得られません。
そこで、まずは関節の動きを取り戻すことが優先し、
それと同時に全身の活性化も行うことに。

あと、リハビリでは一方的にされるがままに
受けているようなので、
何のためにその動作行っているのかを
本人に説明し、理解をしてもらいながら行っています。

今は、当初の筋トレよりも関節の動きを回復させる。
その後筋力を回復させる。

そしてゴールは、10年ぶりにお会いしたご本人が仰った
「人ごみに紛れて歩きたい」
それを実現するために進んでいきたいと思います。



2022年9月15日

キレるシニア

(写真はキレるシニアとは関係ありません)


蒸し暑い日が続いていますが、

幾分過ごしやすくなってきましたね。


さて、今日はちょっとディープな話題に突っ込みますが、

“キレるシニア”について。


私の運動指導は幅広い年齢の方に接するのですが、

割合はシニアの方が最も多い。

その中で、会話していると、世の中の事、

知人のこと、何かにつけて、

キレているシニアがたまぁにいます。

男性女性に関わらず。


脳科学的には、キレやすくなるのは

(高度な精神活動をする)前頭葉の老化が

原因だそうですが、あらゆることにキレている様子を見ると、

尊敬の念を持って接してもつらい、

というか悲しく感じてしまいます。


解決策としては、

・ビタミンCの補給

・マインドフルネス

・よく笑う

などもいいそうですが、キレるシニアと話していて感じるのが、

相対的に運動不足。

エネルギーの発散ができていない。

(テレビにワイドショーにぶつけてもダメ( ;∀;))


でも、運動習慣ができると、

体が変わるだけでなく、感情も変わります。

キレないシニアになります。


まずは、とりあえず「10分歩く」ことをお勧めしています。

そうすると、よく歩く→疲れる→よく眠れる

という良いサイクルに入る。

睡眠は脳のリセットにもなります。


とはいっても、「歩く」のはそう簡単ではありません。

運動習慣がある人からすると、気持ちいいから歩くのですが、

歩くのが億劫な人たちは、歩くための口実がいるらしい(笑)

「雨が降りそうだから」「暑いから」などなど

まぁいろいろと天才的な理由を言ってきます。


もちろん無理は良くないですが

まずは10分歩く。


そして、普段歩いていないのに、

決して「10キロ歩こう!」とか大きな目標を立てないこと。


一度歩く習慣が出来たらしめたもの。

始めは歩く=努力で行っていたことが、

歩く=気持ちが良いに変わります。


しっかり体を動かす習慣ができると、

“感情”が目に見えて良い方に変わっていく。

やはり運動不足の解消がベストなのだと感じます。


おまけに、キレなくなった頃には、

もれなく体が“キレて”きます!

理想の大股歩き

「いつも歩いている道の歩数が、 1800歩から1700歩に減った。」 先日レッスンにお越しになった70代・男性が 股関節ストレッチを始めてから歩きが変わったと喜んでおられました。 歩数が減る=ストライドが伸びた証拠。 これぞ理想の大股歩き! 無理に大股にするのは良くありませんが、...