2022年1月12日

背中を撫でる

たまに旦那さんと一緒に歩いているとき、

背中が丸くなっているのを見て、

「おじいさんじゃないんだから(背中を伸ばしなさいよ!)」

なんて言っていませんか?!


注意するのは、もちろん相手のことを想ってですよね。

でも、その一言で一瞬でも直るのならいいけど、

険悪なムードになったりすると、お互いに困りますよね。


背中が丸くなった本人は、

何度か言われると「丸い背中」にちゃんと気がづいているはずです。


そんな時に私がおすすめするのは、相手の背中をさすること。

上から下に、下から上に、方向はどっちでもいので、

背中を『ザァッ、ザァッ』と2~3往復さすってあげると

背中がスゥ~っと伸びていきますよ。


イソップ寓話・北風と太陽ではありませんが、

相手の背中を伸ばすには、

“強い言葉より、無言の手”(笑)

是非お試してください。



2022年1月11日

理想の運動時間は?

寒い日が続きますね。

2022年もブログを見てくださっている皆様、ありがとうございます。

本年も不定期・気まぐれですが、日々の出来事、たまには役立つこと等、綴っていこうと思います。

よろしくお願いいたします。


さて、歳が明けて、新たに目標を立てている方もいるかと思いますが、

「運動習慣をつけたい!」という方に、どれくらい体を動かせば良いかの目安をご参考までに。


コロナのニュースでもなにかと有名なWHO(世界保健機関)によりますと、

1週間に中程度の運動を150分間が理想だそうです。

中程度の運動の目安は、運動しながら世間話ができるくらい

少しきついと感じる程度です。

(歌が歌えるのは低強度)

(切れ切れにしか話ができないのは高強度)


ですが、1週間に中程度の運動を150分とわかっても、運動は継続できるかが大事!

(習慣になっている方はそのままでOKですが、そうでない方は)

まずは、気持ちいいと感じるように、時間や強度、内容を調整しながら体を動かすことを目指してみてください。


運動習慣作りに、簡単・気軽にできるナチュラルムーブメントのオンラインも是非ご活用いただければと思います。

シニアの方にも多くご参加いただいています。


本年もよろしくお願いいたします!






2021年12月30日

変化を楽しむ

今年のスタジオ営業は昨日で終え、
今朝は前から気になっていた
“手帳カバーの色塗り”をやってみました。
↑↑B5サイズの黒革の手帳(内側) ↑↑
を使用しているのですが、
表面は色がハゲハゲで、
ほぼ薄い茶色になってしまっているのです。

ほとんどの店で色塗りは受け付けておらず、
新しい物に買い替えるor違うもの
という選択肢もあったのですが、
長年使っていてなんとなく気に入っているので
自分で色を塗ってもう少し使ってみようかなと。

で、本来は黒ですが、塗ってみたのは“紺”のクリーム。
『どんな変化をするのか』見てみたくて!
頭のイメージでは“黒に近い濃紺”
だったのですが“濃茶”に。
これはこれでいいかも!
でも、あと数回塗り重ねてみると
さらにいい感じになるのではという期待も!!

ちょっと不安なのは、使っているのが靴用クリームなので
もしかしたら使っているうちに手が真っ黒になるかも知れません。
来年は手帳の中身だけが真っ黒になってくれるのを期待します(笑)


そんな「変化を楽しむ」作業をしながら
思い出していたのが、
長年スタジオに通ってきてくださる男性。

今年に入り肩の調子が今一つよくないのです。
私としては、スタジオに通ってきてもらっているのに、
何とかできなかったのかと少し申し訳ない気持ちにもなっていました。

しかし、先日話をしていると、
「これもまた楽しい」と。
痛みに対して、「どこをほぐせば楽になる」
「動きを変えてみると痛みが出ない」等々
そんな変化が楽しいと。

日頃からストレッチ習慣がある人は
自分の体の感覚に敏感です。
また、日常生活にある痛みを出す原因を探ろうとする、
治そうと、良くしようと
自分の体に責任を持っているように思います。

以前のような完璧な状態を求め続けると苦しくなるが、
“だましだましさだまさし"の精神で生きていくと
(さだまさしさん、ファンの皆さん、ふざけて書いてごめんなさい)
痛みや違和感があっても
ご機嫌に過ごせる秘訣だと教えていただいた気がします。


話は戻って、、、
ずっと使っていないキャンバスがあったので、
贅沢にもこの上で手帳の色を塗ったら
これもまたいいかも!

2021年12月29日

2022年1月の「オンライントレーニング」スケジュール

先週土曜に、今年最後のオンライントレーニングを終えました。

全コース合わせて合計96回、
たくさんの方々にご参加いただきました。

2021年も興奮と感動をありがとうございました!

今は来る2022年に向け気持ちを高めています⤴
(来週なんですけどね)

来年もどうぞよろしくお願いいたします。


このメールを見て下さっている方で、
『まだ受けたことがない』
『一度体験してみたい!』 という場合は、
来月限定で☆無料体験☆を実施いたしますので
この機会に是非どうぞ↓↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーー
☆1月無料体験キャンペーン☆ 限定20名様
オンライントレーニングは「やってみなけりゃわからない!」
ご興味がある方、ご家族に勧めたい方等、是非一度ご体験ください。

お申込みはメールに下記内容をご記入の上お送りください。
 ①お名前
 ②年齢
 ③ご希望のコースと日にち
 ➃Zoomに表記される名前
 ➄電話番号
後日、こちらより参加URL等をメールさせて頂きます。
(ご返信に2・3日かかる場合があります。ご了承ください。)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

Natural Movement
自宅で・自分で・自重で出来るオンライントレーニング
1月のスケジュール≫

Aコース「股関節スローストレッチ」
1/8.15.22(土) 10:00~10:40

Bコース「5分間チャレンジ×6セット」
1/8.15.22(土) 11:00~11:40

水曜コース「からだメンテナンス」
1/5.19(水) 10:00~10:40



2021年12月19日

「リモートワーク」「テレワーク」のお悩み

“座りすぎの悩みは、座ったままでは解決できません。”
by 筋肉デザイナー


写真のせいで痔の話?と思った方もいるかもしれませんがそうではありません(笑)

今年は、リモートワーク・テレワークによる座りすぎで、腰が痛くなった、ガチガチに固まった等のお悩みでスタジオに来られる方が多い一年でした。

お仕事に関係なく、外出が減って長時間の座りすぎで、冷えやすく、疲れやすくなったという方も多いのではないでしょうか。

座りすぎ問題は座っていては解決できません(笑)

もしも日常生活に運動を取り入れるとしたら、
私は「おしりスクワット」をお勧めします。

スクワット=筋トレ=きつそうなイメージがあるかもしれませんが、おしりスクワットはストレッチに近い感覚です。
座りすぎたなと感じたら、立ち上がり、
机に両手をついたまま、お尻を下げたりあげたりするだけ。
餅つきでペッタンペッタンすると餅が柔らかくなるように、お尻がどんどんほぐれてきます。
もち肌になるかどうかはわかりませんが。

始めのうちは、立ち上がって動くことが面倒に感じると思いますが、
3週間も続けると習慣になっているはず。
そうなるとしめたものです。

長い時間座っていると、お尻の筋肉がムズムズしてきて、
“立ち上がりたくなるカラダ”になっているでしょう。

なんだか拙著
の宣伝のようになってしまいましたが、
きっと問題解尻(カイケツ)のお役に立てるはずです!?

座りすぎの悩みは、
“立ち上がった人だけが解決できる!”(笑)

2021年12月12日

お腹が凹む“サンタクロース呼吸”

ホゥホゥホゥ〜。
もうすぐクリスマス。

なんとなくテンションが上がり、年末年始にかけて飲み食いが増えそうな予感がします。

そんな私と同じ予感がする方へおすすめのエクササイズを考案しました!

その名も"サンタクロース呼吸"🎅

サンタクロースの笑い声「ホゥホゥホゥ〜」に似た超簡単エクササイズです。

行うことは(ホゥホゥホゥではなく)ホォ・ホォ・ホォ~と声に出さずに3回息を吐くだけ。

立ってでも寝てでも出来ますが、まずは寝た状態から始めて感覚をつかんでみてください。


【やり方】
①息を吸う。
仰向けに寝て、足を肩幅に開き、膝を90度に曲げる。両手は下腹のあたりに置く。(写真ではわかりやすいように片手にしています)
そして、鼻から息を吸い、お腹をふくらませる。
(写真1)

②Ho(ホゥ)1回目
ここではホォの口の形で声には出さずに短く息を吐く。その時にお腹は薄くなる。
※サンタクロースはホゥですが、ホォの形の方がしっかりはけます。
(写真2)

③息を吸う。
再び息を吸い、お腹をふくらませる。
※写真1

④Ho(ホゥ)2回目
ホォの口の形で声には出さずに短く息を吐く。その時にお腹は薄くなる。
※写真2

⑤息を吸う。
再び息を吸い、お腹をふくらませる。
※写真1

⑥Ho(ホゥ)3回目
ホォの口の形で声には出さずに、長めに"ホォ〜〜"っと息を吐き、お腹が薄くなった状態で5秒キープする。
※写真2


ここまで読んでいただいた方の中には、ふざけているように感じたかも知れませんが、実はこれお腹のコルセットのような役割をする腹横筋が鍛えられる立派なエクササイズなんですよ。(「ドローイン」とも呼ばれたりします)

気がついて時に是非お試しください!!
はたしてこれでお腹が凹むかな?!

2021年12月8日

小さな喜び

写真・お客様がプレゼントしてくださったアドベントカレンダー。

クリスマスまでの日にちがかかれた部分をめくると、中には小さな菓子(主にチョコレート)が入っています。

それを取り出す瞬間がなんとも楽しい!

スタジオの朝一番のお客様はもれなく"めくり"サービス実施中です。(笑)

2021年11月30日

2021年12月のオンライントレーニング

いよいよ明日から師走ですね。

日増しに寒くなってまいりましたが、
こういう時こそ“筋肉を動かして自家発電!”
ご一緒にSDGsを目指しましょう!
※SDGs=(S)ストレッチ(D)で(G)元気になりま(s)

↓↓↓オンライントレーニング12月のスケジュールです。↓↓↓
よろしくお願いいたシワス。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Aコース「股関節スローストレッチ」
12/11.18.25(土) 10:00~10:40 【全3回】


Bコース「5分間チャレンジ」
12/11.18.25(土) 11:00~11:40【全3回】

水曜コース「からだメンテナンス」
12/1.15(水) 10:00~10:40 【全2回】






2021年11月29日

冬のけんこう 2021年冬号

(株)社会保険出版社より発行されているパンフレット

冬のけんこう に掲載されました。

2021年11月16日

エリザベス女王の背中の痛み

腰は加害者ではなく被害者

最近、腰痛という言葉を聞く度にそう思うのです。


昨日の朝のワールドニュースの見出し、

「背中の痛みでエリザベス女王が公務を欠席」

と見た際に、心配になったのと同時に

気になったのが“背中の痛み”という言葉。


“背中の痛み”、一瞬違和感を感じたのですが、

そのあと妙に自然な表現だと感じたのです。


日本では背中の痛み=“腰痛”と

一言で表現されがちですが、

なんといっても、背中は広い!

上もあれば、中もあれば、下もある。


“腰痛”=というイメージですが、

テレビの映像で姿勢を見る限り、

背中の真ん中あたりから丸くなり、

頭(=上)が前方に来ている。


“背中の痛み”とは、おそらく

中か上なのだろう、、、

と、勝手に思っていたのですが!?


今朝、その話をお客さんにすると

『ぎっくり腰ってニュースに出てたわよ』と(;^_^A


あれっそうだったの。

ニュースでそう言うのなら、

私が負けを認めるしかない。

(そもそも勝ち負けの問題ではありませんが)


でも、前から感じていたのですが、

「腰が痛む」と悩んでこられるお客様の体を触っていると、

ほとんどの場合、背中の真ん中あたりから丸まり、

頭が前方にきている。


そして、腰痛を改善する際には、

背中と首周りの緊張を緩め、

背中と頭の位置をできる限りまっすぐにする、

これがとても効果的だと。

(もちろん股関節の可動性も良くするのですが。)


腰痛は腰に負担をかけた結果で原因ではない。

今を生きる私たちは、腰痛という言葉に

甘えすぎているのではないでしょうか!?


いっそのこと“前顔”や“背丸”という

言葉にしたほうが( ´∀` )、

自分の体に責任意識がわき、

良い改善がみられるのではないかと。


腰は加害者ではなく被害者である!

(自分への戒めも含め)腰に優しい社会を

作っていきたいと思います。


※エリザベス女王とぎっくり腰という表現、

しっくりこないのは私だけ?!






2021年11月2日

11月オンライントレーニング

だんだんと寒くなってきましたが

オンライントレーニングで

“心と筋肉が温まるひととき”

お過ごしいただければと思います。


今月のスケジュール

↓↓↓

Aコース「股関節スローストレッチ」

11/13,20,27(土) 10:00~10:40


Bコース「5分間チャレンジ」

11/13,20,27(土) 11:00~11:40


水曜コース「からだメンテナンス」

11/3,16(水) 10:00~10:40

※3日は祝日ですが実施します。

背中を撫でる

たまに旦那さんと一緒に歩いているとき、 背中が丸くなっているのを見て、 「おじいさんじゃないんだから(背中を伸ばしなさいよ!)」 なんて言っていませんか?! 注意するのは、もちろん相手のことを想ってですよね。 でも、その一言で一瞬でも直るのならいいけど、 険悪なムードになったりす...