2021年12月30日

変化を楽しむ

今年のスタジオ営業は昨日で終え、
今朝は前から気になっていた
“手帳カバーの色塗り”をやってみました。
↑↑B5サイズの黒革の手帳(内側) ↑↑
を使用しているのですが、
表面は色がハゲハゲで、
ほぼ薄い茶色になってしまっているのです。

ほとんどの店で色塗りは受け付けておらず、
新しい物に買い替えるor違うもの
という選択肢もあったのですが、
長年使っていてなんとなく気に入っているので
自分で色を塗ってもう少し使ってみようかなと。

で、本来は黒ですが、塗ってみたのは“紺”のクリーム。
『どんな変化をするのか』見てみたくて!
頭のイメージでは“黒に近い濃紺”
だったのですが“濃茶”に。
これはこれでいいかも!
でも、あと数回塗り重ねてみると
さらにいい感じになるのではという期待も!!

ちょっと不安なのは、使っているのが靴用クリームなので
もしかしたら使っているうちに手が真っ黒になるかも知れません。
来年は手帳の中身だけが真っ黒になってくれるのを期待します(笑)


そんな「変化を楽しむ」作業をしながら
思い出していたのが、
長年スタジオに通ってきてくださる男性。

今年に入り肩の調子が今一つよくないのです。
私としては、スタジオに通ってきてもらっているのに、
何とかできなかったのかと少し申し訳ない気持ちにもなっていました。

しかし、先日話をしていると、
「これもまた楽しい」と。
痛みに対して、「どこをほぐせば楽になる」
「動きを変えてみると痛みが出ない」等々
そんな変化が楽しいと。

日頃からストレッチ習慣がある人は
自分の体の感覚に敏感です。
また、日常生活にある痛みを出す原因を探ろうとする、
治そうと、良くしようと
自分の体に責任を持っているように思います。

以前のような完璧な状態を求め続けると苦しくなるが、
“だましだましさだまさし"の精神で生きていくと
(さだまさしさん、ファンの皆さん、ふざけて書いてごめんなさい)
痛みや違和感があっても
ご機嫌に過ごせる秘訣だと教えていただいた気がします。


話は戻って、、、
ずっと使っていないキャンバスがあったので、
贅沢にもこの上で手帳の色を塗ったら
これもまたいいかも!

0 件のコメント:

コメントを投稿

背中を撫でる

たまに旦那さんと一緒に歩いているとき、 背中が丸くなっているのを見て、 「おじいさんじゃないんだから(背中を伸ばしなさいよ!)」 なんて言っていませんか?! 注意するのは、もちろん相手のことを想ってですよね。 でも、その一言で一瞬でも直るのならいいけど、 険悪なムードになったりす...